冬の味覚の女王 寒鰤
空室検索
すべての宿泊プラン・オンライン予約はこちら

新着情報


ブログ


魚津たびナビ
冬の味覚の女王『寒鰤』。氷見だけではない地元で揚がる寒鰤を、心ゆくまで楽しんで
  いただきたい。

『魚』に『師』と書いて『鰤』。
『師』は師走(12月)に脂が乗っておいしくなるからとも言われます。
12月産卵期前に一番脂の乗った冬の旬の鰤を寒ブリと呼びます。
鰤は日本海を回遊する中で、秋から初冬にかけ南下します。
北の冷たい海で身が引き締まった鰤は、産卵をひかえ脂の乗った12月に丁度富山で水揚げされるのです。ただ脂が乗っただけではなく、身も引き締まっている。
それが富山の寒ブリの美味しさの理由なのです。

仁右衛門家の寒鰤尽くしプラン〈12月~1月〉

冬の味覚寒鰤。寒ブリといえば氷見産が有名ですが、当宿がある魚津でももちろん揚がります。
天然の生簀と言われる富山湾で揚がる寒鰤は正に霜降りの状態。脂ののった寒ブリはそのままお造りで食べても上品な
脂を味わえます。また、サッとしゃぶしゃぶすることで脂を落としさっぱりとした味わいに。昔から最高の組み合わせ
『ブリ大根』も外せない一品。
冬の時期限定の味わい『寒ブリ』尽くしを是非当館で味わって下さい。
(※写真の料理は一例です。仕入れ状況により料理が異なる場合もございます)

仁右衛門家の寒鰤尽くしプラン〈一例〉
「旬鮮お料理」のトップへ戻る